扱いなど

ハーレー 引き起こし

レディースハーレーに興味を持った方の中で一番の心配は転倒時の引き起こしだと思います。

男性と比べるとやはり不安は強いでしょう。
まず乗るときの車体の扱いは慣れだと思います。

実際にそう話す女性も多いです。
引き起こしに有効なパーツとして「エンジンガード」があります。

転倒時の車体の傷付を防ぐ他に横倒しの角度も浅くなるので、引き起こしやすくなります。

車体を引き起こす時は、慌てずにエンジンを切りタイヤが動くのを防ぐ為、ギアをローに入れます。

次にハンドルを倒れている方向と逆の方向に切り、肘を伸ばしてグリップを握って、下から押し上げるようにして起こします。

車体の引き起こしはテコの原理を利用するのが基本ですが、ハーレーは車高が低くハンドルの幅が広いため、シートやリア部分を支点とする方法より、グリップを支点にしたほうが力点との距離を長く取れるために、女性のような力が弱い人でもで起こすことが可能だと言われています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。